5月3日69回目の憲法記念日 
9条を守る? 変える? 市民シール投票

5月3日、憲法記念日に、第九条の会ヒロシマは午前中、小雨の中、「憲法9条を守る? 変える? 市民シール投票」を行いました。(取材:NHK ホームテレビ、中国、毎日)    
    憲法9条を守る  467(91%)
    変える      15人(3%)     
    わからない    31人(6%)

 守るは90%にものぼりました。第九条の会ヒロシマが主催だということもあるでしょうが、広島市民の戦争はいやだという自然な気持ちの表れと、安部政権は危険だという危機感ではないかと思います。

  写真をクリックするとスライドショーになります。

写真の中に、1枚だけ、なぜか改憲派による「憲法改正YES NOシール投票」が紛れ込んでいます。(見つけることができましたか?) 安倍政治を許さないという市民の声の大きなうねりに焦りを感じているのでしょうか。 戦争法廃止を求める2000万人署名も1200万筆を超えました。 落合恵子さんの演題のように私たちも「今だから! 今こそ!」戦争する国にさせないよう頑張りましょう。



5月3日憲法記念日 9条を守る? 変える?
  市民シール投票にご参加ください

 5月3日(火)10:30~11:30
 原爆ドーム前

 
 もうすぐ5月3日憲法記念日が
 やってきます。今年も市民に
 よるシール投票を行います。

安倍首相は「憲法を変える」と明言していますが、9条を守るのがよいか? 変えて際限なき武力行使=戦争をする国にするのがよいか、フラワーフェスティバルで楽しむ市民の皆さんと一緒に日本国憲法について考えます。
憲法違反の戦争法は廃止したいと思う人には署名もしてもらいましょう。核のない、平和な社会をめざすヒロシマ市民の意志表示。どうぞ応援に駆け付けてください。


平和と命と人権を!
5.3ヒロシマ憲法集会

ハノーバー庭園にお集まりください

戦争イケン 
http://sensoiken.jimdo.com/




ストップ改憲!新聞意見広告2016 今年は2回
どうぞご参加ください

下の画像をクリックすると大きくなります。
チラシは何枚でも送りますので、遠慮なくご連絡ください。





私たちは戦争法を止める!
中野晃一講演会にご参加ください

中野晃一さんは、上智大学国際教養学部教授「立憲デモクラシーの会」や「安全保障関連法案に反対する学者の会」のメンバーとしてデモの先頭で歩き「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を立ち上げる中心となっている1970年生れの若い政治学者です。
政治を変える元気と勇気を奮い起こしましょう。

ストップ戦争法広島実行委員会のホーページをご覧ください


ストップ「戦争法7000人の人文字を作りました

「戦争法廃案、戦争する国づくり反対」の意思表示
9月13日、広島市の中央公園に7,000人が集まり、
NO WAR NO ABEの人文字を作りました。

ストップ!戦争法広島実行委員会のホームページで 写真やこれまでの経過などをご覧になってください http://sensoiken.gjimdo.com/

朝日新聞のネット記事 空撮の動画が感動的です。

人文字で「NO WAR」安保法案に反対の市民ら(9月13日、共同)
【共同通信】 安全保障関連法案に反対してつくられた「NO WAR NO ABE」の人文字=13日午後、広島市(共同通信社ヘリから)

【動画】安保法案審議が今週ヤマ場に、広島市で巨大人文字で反対訴え (9月13日、TBS Newsi)

 

9.13一万人の人文字にご参加ください





8.6新聞意見広告2015今年も掲載しました!

ご参加、ご協力くださった皆さま、有難うございました

 政府は民主主義、平和主義、立憲主義を守れ! 今こそ主権者として頑張りどきです。若い人たちも立ち上がり始めました。「私たちの声を聞いて」「勝手に決めるな」「当事者感ハンパない」今年のタイトル・メッセージはそんな人々の力強いことばです。侵略戦争で行った数々の日本軍の残虐な行為、強制労働、性奴隷制度などと向き合い、謝罪し償わなければ信用を得ることはできません。軍拡、原発推進なんてしている場合じゃないのです。安倍政治を許さないときっぱりNOの声がどんどん拡がっていくよう掲載しました。

     英語版    読売新聞大阪本社版朝刊に全15段
               (新聞にはモノクロです)

読売新聞山口県版全5段      毎日WEB版(右の小窓)
朝日新聞大阪本社版朝刊に全5段
毎日新聞東京セット版朝刊に全5段 

 

 

8・6新聞意見広告2015にご参加ください

あなたは平和のスポンサー はじめよう! 次の不戦の70年を

掲載日 掲載紙 2015年8月6日(木)   
・読売新聞大阪本社版全5段   
・読売新聞山口県版全5段    
・毎日新聞東京都内版全5段   
・毎日新聞デジタル版トップ
 ラージレクタングル(8.6後1週間)

みんなで作る8・6新聞意見広告2015    
メッセージをお寄せください。

振替用紙メッセージ欄に書いてお寄せください。
 メッセージ31字以内 締切6月末

◆ 申し込みは、 チラシの振替用紙をご利用ください。  
(郵便局の振替用紙の場合、名前掲載可・不可、
             送付要・不要必須)
◆ 賛同金 個人1口1,000円(複数口歓迎) 
     団体1口5,000円           
    (学生さんなどはいくらでも結構です)  
*7月16日までに振り込まれると名前が確実に掲載できます  直接渡してくださる場合は、7月20日までにお願いします* 郵便振替:01390-5-53097「第九条の会ヒロシマ」 ◆ お名前の掲載 (可・不可)
        匿名可、ペンネーム、ニックネーム歓迎。
◆掲載紙面コピー送付(要・不要) 8月10日頃送付予定  *会員さんには、9月の会報に同封して送ります。

8月6日、朝7時から原爆ドーム前で「8・6新聞意見広告」 のカラーコピーと「市民による平和宣言」を配布します。
早朝の8・6をご体験ください。参加をお待ちしています。

5月3日、読売新聞大阪本社版に8・6新聞意見広告の予告広告を出しました。

 

5・3憲法記念日リレートーク & 市民シール投票を行いました

5月3日(日・祝)原爆ドーム前 5・3憲法リレートークと市民投票を行いました。雨も 心配でしたが小雨で何とか2時間やり終えることができました

 

多くの行事が重なる中で、市民によるシール投票には20人近い方が応援に駆け付けてくださって投票総数は669でした。 リレートークには50人は超える方々が参加してくださり、道行人の中にも立ち止まって聞いてくださる方がありました。

◆市民投票
「自衛隊が世界中どこでもいつでも武力行使をすることにあなたは、賛成? 反対?」

多くの方が市民投票に応援に来てくださったため、1時間で投票総数が720票でした。
自衛隊の海外での武力行使に賛成  65    9 %
             反対  569  79 %
          わからない  86  12 %
広島市民は、圧倒的に武力行使反対でしたが、九条の会・はつかいちが宮島口でも行われ、同様の結果のようでした。
       (賛成2、反対188、わからない13)
親子で話し合って貼っていったり、武力行使は賛成だと言っていた中学生は友だちが「オレは自分だったらいやだ」と言ったのを聞いて「オレも」と反対に貼っていきました。自分のこととして考えてくれたのは嬉しいことでした。 
市民投票は、憲法記念日に憲法について考えてもらうために行います。マスコミ世論調査では聞き方も問題がありますが、深く考えようせず安易に「どちらともいえない」と言うように思います。憲法記念日に直接、市民に語りかけることは、しっかり考えるためにも意味があるように思いました。 

◆憲法リレートーク  
参加してくださった皆さんは、それぞれ力を入れてあぴーるをしてくださいました。
 司会  難波郁江さん(広島YWCA)  
「私たちの命・人権を守る憲法と広島」  
             栗原君子さん(元参議院議員) 「原発と憲法」  
  渡田正弘さん(上関原発止めよう!広島ネットワーク) 「憲法と戦争をする国づくり」  
    石口俊一(広島県9条の会ネットワーク事務局長) 「沖縄のたたかいと憲法」  
          小林武(沖縄大学客員教授・弁護士) 「核廃絶を世核被害者と共に考える」 
     森瀧春子(世界核被害者フォーラムinヒロシマ) 「教科書採択問題と改憲 」
   山川滋さん(教科書問題を考える広島ネットワーク)
「夫婦別姓同性選択制問題から女性の人権を考える」
   恩地いづみさん
   (夫婦同姓別姓選択制の早期実現を求める会・広島)
「拡張強化される呉海上自衛隊基地」  
       西岡由紀夫(ピースリンク広島・呉・岩国)
「安倍政権の問題点と今後の展望」   
       横原由紀夫(広島県原水禁元事務局長)
詳細は、会報次号86号に載せる予定です。ご期待ください。

 

 

第九条の会ヒロシマ23周年記念講演会
  憲法を獲得する沖縄

上の写真をクリックすると大きくなります。

17:00~ 第九条の会ヒロシマ総会2015
17:30~ 23周年記念講演会 講師:三上智恵さん
 お誘いあわせの上、どうぞご参加ください!